損賠67億円支払い命令 偽ブランド品掲載

損賠67億円支払い命令 偽ブランド品掲載

世界最大のインターネット競売会社「イーベイ」のサイト上で、偽ブランド品が取引されているとして、仏ブランドグループ「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」(LVMH)などが訴えた裁判で、パリ商事裁判所は6月30日、イーベイに総額4000万ユーロ(約67億6000万円)の損害賠償を支払うよう命じる判決を言い渡した。

 偽ブランドの販売者だけでなく、情報を掲載したネット運営者の責任を認めた。イーベイ側は控訴の意向を表明した。

 判決は、イーベイはサイト利用者がルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオールなどのブランド品を模倣したバッグや香水などを売買していることを知っていたのに利用を停止せず、原告のブランドイメージを損ねたとした。LVMH側は5000万ユーロの賠償を請求していた。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。