海賊版

ブートレグ(Bootleg)とは、海賊版(海賊盤)のこと。英語からの音訳のため、一部では「ブートレッグ」とも。

海賊版とは著作権(一般には複製権)などの権利を無視して製造される違法、非合法な製品。 すなわち、権利者側の許諾を得ずに無断で製作・製造され不当に販売されることから、製作者(個人・法人・組織・集団などの形態は問わない)や販売者(一般的には「販売店」や「取扱店」など)に全利益が分配されてしまう。 海賊版は結果、著作権料が著作権者(あるいはその権利を有する個人や法人)に支払われず、アーティストの印税もそれを受け取るべき演奏者や歌手に支払われることがない。 海賊版ではまた、CDやレコードなどの製品化(商品化)する権利を有する、レーベル会社などの利益も直接、間接的に損なう結果となる。

海賊版の「ブートレグ(bootleg)」の本来の意味は「密造酒または密売酒」である。これは、かつて密造酒をブーツに隠したことに由来する。 なお、海賊版(海賊盤)の正規の表現は、パイレーツ・エディション(Pirate edition)である。 単なる物真似・模倣や、偽物一般の表現としては「コピーキャット(copycat)」と呼ばれる。

海賊版を和訳する場合は、レコードやCDなど音楽関連に限り、パイレーツ版でもブートレグ版でも「海賊盤」という表記が使われることが多いが、これは、レコード盤のイメージから来る日本の音楽業界固有の表現であり、一般的な表現ではない。

なお英語版の記事では、音楽の違法編集版を主題にブートレグの記事を構成しているが、ブートレグという単語自体は、元は俗語とはいえ既に一般化しており、特に音楽に限定した用語ではない点に注意を要する。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。