北京スーパー大手に一審判決、偽アディダス販売で賠償金

北京スーパー大手に一審判決、偽アディダス販売で賠償金
2008年7月8日、8日付京華時報によると、北京市第一中級人民法院(地裁)はこのほど、アディダスブランドの偽造品を販売したとして北京スーパー大手の北京物美に対し、2万元の賠償金を原告の米アディダス社に支払うよう命じる一審判決を下した。

アディダス社は07年9月、北京物美の北京市内の支店が、自社のロゴに酷似した運動靴を販売していることを発見し、登録商標を侵害しているとして同支店を提訴。即刻の販売停止と賠償金50万元の支払いを求めていた。

北京市西釣魚台(シーティアオユータイ)に位置するある店が、警察の取り締まりを受けた。店内にはシャネルやプラダ、バーバリーなどのマークがついた商品が並べられていたが、これらはすべて偽物であることが判明。偽ブランド品を販売したかどで、商品14点が押収されることとなった。また北京市海淀区(ハイテンチュー)では、区内にある大型スーパーマーケットやホテルなどをターゲットに大がかりな集中検査を行い、48種類に上る偽ブランド品を摘発し、その販売を禁止した。

損賠67億円支払い命令 偽ブランド品掲載

損賠67億円支払い命令 偽ブランド品掲載

世界最大のインターネット競売会社「イーベイ」のサイト上で、偽ブランド品が取引されているとして、仏ブランドグループ「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」(LVMH)などが訴えた裁判で、パリ商事裁判所は6月30日、イーベイに総額4000万ユーロ(約67億6000万円)の損害賠償を支払うよう命じる判決を言い渡した。

 偽ブランドの販売者だけでなく、情報を掲載したネット運営者の責任を認めた。イーベイ側は控訴の意向を表明した。

 判決は、イーベイはサイト利用者がルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオールなどのブランド品を模倣したバッグや香水などを売買していることを知っていたのに利用を停止せず、原告のブランドイメージを損ねたとした。LVMH側は5000万ユーロの賠償を請求していた。


違法景品はゲーマーの為ならず!

違法景品はゲーマーの為ならず!
この現状をAOU(全日本アミューズメント施設営業者協会連合会)やJAMMA(日本アミューズメントマシン工業協会)などのゲーム業界団体でも特に問題視されていて、ゲームセンターの健全営業に向けた運動を推進しています。団体では、キャンペーンを展開して、運動の知名度を上げると共に、団体加盟業者への指導、所轄警察署との連絡を密にして対応するということです。

確かにこの不景気な世の中、営業の苦しいゲームセンターは生き残りをかけて、こんな違法行為をするゲームセンターもあるでしょう。ですが、これは明らかに間違った選択。

一時期、不良の巣窟とまで呼ばれたゲームセンターも、かなりイメージアップを果たして、子供から大人まで、幅広く遊べるスペース。そうなりつつある今、子供には決してみせられないものや、ギャンブルとまで呼べるようなものが景品として扱われるようになったら。
見直し始めた人の目も一層厳しいものになり、そんなゲームセンターへ通う我々も行きづらい場所になる。そんなことになるぬよう、我々一般ユーザーも、違法な景品を用意したゲームをプレーしない、そんな小さな運動を起こしてみるのはいかがだろうか?

コピーソフトの歴史

コピーソフトの問題は歴史が長く、日本では1970年代後半から1980年代の8ビットパソコンの時代(特に8ビット御三家全盛期)より、ソフトウェアの不正なコピーを行うケースが見られた。コピーソフトの背景としては、当時の8ビットパソコンは家庭用ゲーム機に比べ所持する年齢層が高いこともあり、「マニア」と呼ばれる技術分野に関心度の高いユーザーの占める比率が高かったことや、パソコンそれ自身で開発環境も併せ持つことからリバースエンジニアリングが比較的容易であったことなどが考えられる。

また、当時はソフトウェア媒体をレンタルする「レンタルソフト屋」なる商売も存在しており、さらにはコピーツールのような違法コピーを幇助するソフトウェアを同一の店頭で販売するような状況であり、総じて著作権侵害に関する意識は低かった。また、コピーソフトの取締りを行なう業界団体も、当時はまだ存在していなかった。

コピーソフトのプロテクトに関しては、この当時のソフトウェア媒体が書き込みに特別な装置を必要としないフロッピーディスクやカセットテープといったものに依存しており、カセットテープで供給されていたソフトでは、基本的には音楽再生用(家電)のカセットデッキでのダビングを行なうことで、簡単に複製(コピーソフト)が可能であった。

フロッピーディスクのソフトでは、一部に特殊なフォーマットを施しておき、そこが再現されているかどうかをチェックしていた。しかし当初は、このプロテクト措置もソフトウェア上で工夫すれば簡単に再現できるようなものが多く、更にはこれを実現するための「コピーツール(パックアップツール)」と呼ばれるソフトが出回るようになった。それにつれ、ソフトウェアの側では段々とパソコン本体だけでは再現できないフォーマットを用いるようになり、コピーツールの側も再現するための拡張ハードを用意するなど、さながらイタチごっこの様相を呈するようになる。

最終的にコピーツール側は、ファイラーと呼ばれる、ディスクを書き換えてプロテクトをチェックするコードを外すためのパッチ集に落ち着いた。対してプロテクトを掛ける側は、プログラムコードの暗号化や、プロテクトが外れていなくても一見正常動作しているように見せる「後チェック」、特殊な装置(ドングル)を本体に付けさせるハードプロテクト、説明書や付属品にある情報を入力しないとインストールなどで先に進めなくするマニュアルプロテクトなどで対抗したが、どれも効果は薄く、ソフトが発売されて一ヶ月以内にはパッチが出回っているという状態であった。

この当時、ライセンスという考え方はまだ浸透していなかった。ソフトウェアのコピーは、人の集まる学校のサークルなどで行われ、またコピーを商売とした「コピー屋」も存在した。個人でのコピーは、破損に対する備えの「バックアップ用途」、サークルでは「共同購入」という大義名分が存在したが、それを商売にすることは明らかな著作権侵害で、実際に警察に摘発されたコピー屋も存在する。ソフトの貸し出しを商売にする「レンタル屋」についても、著作権侵害の追及の手が入った。しかしコピーツール自体は取り締まられず、摘発してもあまり効果はなかった。またアマチュアの作ったコピーツールを積極的に公開する雑誌も存在した。

ロイヤルティこそないものの、市場規模の小さいパソコンの分野においては、コピーツールの存在がソフトの設定価格にも響くことになった。主に小遣いの少ない学生がコピーソフトを入手して周囲にばらまき、それが結果的にソフトウェアの売上本数の伸びを妨げ、供給価格が下がらない(または高くなる)、という悪循環が生じていた。

またこの当時では、ゲームソフトを厳密かつ公平に評価するメディアも少なかったために、新作ソフトの出来がいいかどうかは「購入するまで判らない」、という事情もあった。一部のユーザーからは「ソフトの価格が高すぎる」「高いからコピーが流行る」という反論混じりの非難も起きた。8ビット末期、新作ソフトがフロッピー3〜5枚で定価が5,000円〜15,000円(大抵は1万円弱で、大作では簡単に1万円を超えた)程度であったのに対して、新品の2D・5.25インチフロッピーディスクが、ノーブランドと呼ばれる粗悪品であれば10枚100円程度で入手できた事も、マニアをソフトウェアのコピーに走らせた要因に挙げられよう。

8ビット時代のこれらの苦い経験が、16/32ビット時代になってからの著作権法の改正や社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会 (ACCS) の設立、有力ソフトハウスのコンシューマ機への移行、パソコンでの(開発費が少なくて売り上げが大きい)アダルトゲームの増加などに繋がっていった。また、新機種で発売されるメディアのCD-ROM化にも影響を与えた。

後発医薬品

後発医薬品(こうはついやくひん)とは、成分そのものやその製造方法を対象とする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーがその特許の内容を利用して製造した、同じ主成分を含んだ医薬品をいう。先発医薬品の特許権が消滅するとゾロゾロたくさん出てくるので「ゾロ薬」等と呼ばれていたが、商品名でなく有効成分名を指す一般名(generic name)で処方されることが多い欧米にならって、近年「ジェネリック医薬品」とよばれるようになった。

新薬(先発医薬品)の開発には巨額の費用と膨大な時間を必要とするために、開発企業(先発企業)は新薬の構造やその製造方法、構造などについて特許権を取得し、自社が新規に開発した医薬品を製造販売することによって、資本の回収を図る。また、その新薬で得た利益を新たな新薬の開発費用として投資する。当然、特許の存続期間が満了すると、他の企業(後発企業)も自由に先発医薬品とほぼ同じ主成分を有する医薬品(=後発医薬品)を製造販売ができるようになる。

特許権の存続期間は、原則として特許出願日から20年の経過をもって消滅する。しかし、新薬の製造販売の認可を得るには長期間を要するため、特許権を取得したにもかかわらず、対象となる医薬品の製造販売の認可が依然として得られないケースが多い。その場合、特許権の存続期間を最長で5年間延長できる。

先発企業は同一薬効成分に新たな効能・適用・結晶型などを発見することで特許権を追加取得したり、製剤・剤型を見直して効能以外の付加価値をつけるなどして、後発企業の進出に対抗する。

新薬(先発医薬品)の承認申請には、発見の経緯や外国での使用状況、物理的化学的性質や規格・試験方法、安全性、毒性・催奇性、薬理作用、吸収・分布・代謝・排泄、臨床試験など数多くの試験を行い、20を越える資料を提出する必要がある。

これに対して後発医薬品では、有効性・安全性については既に先発医薬品で確認されていることから、安定性試験・生物学的同等性試験等を実施して基準をクリアすれば製造承認がなされる。生物学的同等性試験とは先発品とジェネリック医薬品の生物学的利用能を比較評価することにより行われ、投与者の生物学的利用能に統計的に差がなければ効果も同じで生物学的に同等であるものと判断される。血中濃度の推移が同等であれば生物学的効果に差がないとする考え方は米国FDAを始め諸外国でも同様に認められた解釈である[1]。新薬と主成分が全く同じである後発医薬品に、新薬と同等のハードルを課すことは経済的でない点から考慮すると合理的な試験である。

日本では現在、厚生労働省より通達されている「後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン」に従って生物学的同等性試験は行われている。

一方、承認申請時に必要な書類は、規格および試験方法、加速試験、生物学的同等性試験のみであり(医薬品により長期保存試験も必要となる)、7つの毒性試験が全て免除されていることは問題、とする意見がある。

海賊版

ブートレグ(Bootleg)とは、海賊版(海賊盤)のこと。英語からの音訳のため、一部では「ブートレッグ」とも。

海賊版とは著作権(一般には複製権)などの権利を無視して製造される違法、非合法な製品。 すなわち、権利者側の許諾を得ずに無断で製作・製造され不当に販売されることから、製作者(個人・法人・組織・集団などの形態は問わない)や販売者(一般的には「販売店」や「取扱店」など)に全利益が分配されてしまう。 海賊版は結果、著作権料が著作権者(あるいはその権利を有する個人や法人)に支払われず、アーティストの印税もそれを受け取るべき演奏者や歌手に支払われることがない。 海賊版ではまた、CDやレコードなどの製品化(商品化)する権利を有する、レーベル会社などの利益も直接、間接的に損なう結果となる。

海賊版の「ブートレグ(bootleg)」の本来の意味は「密造酒または密売酒」である。これは、かつて密造酒をブーツに隠したことに由来する。 なお、海賊版(海賊盤)の正規の表現は、パイレーツ・エディション(Pirate edition)である。 単なる物真似・模倣や、偽物一般の表現としては「コピーキャット(copycat)」と呼ばれる。

海賊版を和訳する場合は、レコードやCDなど音楽関連に限り、パイレーツ版でもブートレグ版でも「海賊盤」という表記が使われることが多いが、これは、レコード盤のイメージから来る日本の音楽業界固有の表現であり、一般的な表現ではない。

なお英語版の記事では、音楽の違法編集版を主題にブートレグの記事を構成しているが、ブートレグという単語自体は、元は俗語とはいえ既に一般化しており、特に音楽に限定した用語ではない点に注意を要する。

コピーソフトのWarez

コピーソフトでWarez(ウェアーズ、ワレズ)とはインターネットなどを用いて非合法に配布・販売されている商用ソフトウェアのこと、あるいは非合法な方法でソフトウェアなどをやりとりする行為の総称である。"ware"に"z"を付けた言葉。

かつてはWarez行為を行う者は「ワレザー(Warezer)」と呼ばれていた。現在、日本においてWarezが配布されているところは主にWinnyなどのファイル共有ソフトであり、その行為をする利用者も「ワレザー」と呼ばれることがある。(2ちゃんねるなどでは「割れ厨」と呼ばれることが多い)

コピーソフトのWarezは、商用ソフトウェアの有料化以前の段階における機能制限などを解除し、利用料金を支払ったことと等価の状態を得ることであり、その手法にはいくつかの種類が存在する。

シリアルナンバーの不正入手(コピーソフト)
利用料金を支払ったことを証明するパスワード(シリアル)を不正に入手することで、利用料金の支払を回避する方法(Serialzなどと呼ばれる)。特定のアルゴリズムにより機械的に生成するシリアルナンバーに関して、そういったアルゴリズムを解析・入手し、シリアルの生成を再現するものも含む。

プログラムの改変 (コピーソフト)
プログラムを直接改変することで、シリアルナンバー入力などの利用料金支払いに関するプロセスを破壊し、無力化してしまう方法。「クラック/クラッキング」などと呼ばれる。そのようにして改変されたプログラムの多くが、インターネットを通じたコピーの対象になっている。
コンシューマゲーム機 (コピーソフト)
ゲーム機のソフトウェアでは、特定の機器などを通じてPC上で用いるためのデータに変換する手法が採られる。特に旧世代のゲーム・ソフト(ファミコン・ゲームボーイなど)は、容量が小さいうえにプロテクトなども存在しないため、コピーされたゲームソフトが大量に流通している。
もっとも、ゲームのハードウェアないしソフトウェア本体を自身が持っており、PC上で稼動するスクリプトと同じであると確認できる場合は、Warezに含まれない。(日本の法律上自主修理、バックアップと扱われるため。)
ただし、海外では国によってまちまちだが、罰せられる場合がある。

コピー商品

偽ブランドコピー商品とは、意図的に他社の製品に似せた商品、あるいは「偽ブランド」商品、または自然界に存在する物に似せた人工製品を指す。
後者でも、特に食品関連の商品をコピー食品と呼ぶ。
偽ブランドは主にベストセラーロングセラーの、優れた機能・設計や、高い市場価値を持つ商品を模して製造された製品を指す。また偽ブランドやコピー商品はメディア関連のデータを複製して販売している物もこの範疇に含まれる。

偽ブランドやコピー商品は商業倫理的に見ても、商標権の侵害や、特許の侵害等において問題が多く、往々にしてオリジナルの商品と比較しても、粗悪な材料を使用していたり、分解した部品を採寸した際に発生する誤差により、機能や耐久性の面で劣る場合が多く、偽ブランドやコピー商品を単純に粗悪品と呼ばれる場合もある。

中国ではファッションブランド電化製品自動車バイク等の様々な偽ブランドが平然と出回っており、中にはSQNY(SONY)・HONGDA(HONDA)・YAHAMA(YAMAHA)等の紛らわしい商標を名乗った偽ブランドやコピー商品も存在し、大きな問題となっている。実際に、偽ブランドが先に商標登録されてしまい、本物が逆にコピー商品として扱われ、中国で販売禁止となった事例もある。

これらとは別に、偽ブランドやコピー商品には過去の製品を、材料のみ現代品を使って(当時の物は入手不可能な為)正確に再現したレプリカというジャンルも存在し、これらに関しては熱烈なファンを獲得するなど、固有の市場が発生している。

偽ブランドやコピー商品以外には人工製品というものもあります。天然の物が高価であったり、稀少な場合にしばしば生産される人工の製品。合成皮革(商標名「クラリーノ」「エクセーヌ」など)などは、このジャンルでは最も成功した部類であり、天然皮革には無い防水性や耐候性から、むしろ必要とされて利用される場合もある。服飾関係では本物の毛皮の代わりに、フェイクファー人工毛皮)も多く使われている。

偽ブランドやコピー商品ではないですが、人工製品として食品関係で有名な例としてはかにカマボコがある。かにカマボコは消費者が本物の蟹を加工した食品と混同するとして、農林水産省の指示で「カニ」を商品名に使えなく成った経緯がある。実際はスケソウダラのすり身を使い、カニの煮汁で風味をつけた蒲鉾である。一方、人工食品の代表格で、大正時代からある育児用粉ミルクによる授乳については、賛否両論がある。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。